債権の回収・督促を管理する受託・買取債権管理システムの特長と機能

主な特長は次の通りです。

ポイント1受託した債権の回収・督促・精算管理ができます。
ポイント2Microsoft Wordを使って差し込み印刷で自由なレイアウトで文章を発行できます。
ポイント3受託した債権は、延滞利率または延滞金計算で自由返済方式で入金処理が可能です。
ポイント4間違った操作をおこなっても、簡単な操作で取り消しが可能です。
ポイント5宛名印刷、残高一覧表、入金一覧表をはじめ多数印刷が可能。

システム機能

【顧客情報や移行債権情報】
顧客の氏名、住所、会社名、電話番号をはじめ、債権者の登録などの行います。また家族情報、保証人情報、経過表(履歴)の登録などもここで行います。移行債権の情報を登録では、主に債権区分・買取/受託の入力や、契約金額、残高、などの基本的な債権の情報を登録します。



【返済計画書の作成】
元利金等・元金均等・期限一括などの多彩な返済方式を選択して、返済計画を作成することができます。また、ボーナス返済を併用することもできます。



【効率よくできる入金処理】
貴社入金(債権者へ入金があった場合の入金)、銀行入金、持参入金、集金入金、書留入金を行うことができます。また和解後の貴社入金、銀行入金、集金入金、時算入金、書留入金も同じ画面でおこなうことができます。 和解した場合、利息計算はされません。



【宛名印刷】
受託債権システムにはラベルに宛名を印刷することができます。 宛名の印刷は、自由入力、登録顧客データ、登録債権者データ、自社の 4種類のデータの印刷が可能です。



【豊富な一覧表】
入金明細一覧表(入金処理を確認できます)や債権状況一覧表(残高の状況を確認できます)、受託債権管理明細表(債権者に入ってきた入金金額、件数などの確認が可能です)、債権者期間別管理表(債権者別の入金合計、管理費などの管理が可能です)、残高一覧表(現在の残高を確認できます)、利息問いあわせ表(利息の問いあわせができます)、顧客管理簿(顧客の氏名、債権者番号など顧客を管理するための管理簿です)、不足金一覧表(不足金を一覧で管理することができます。)、顧客一覧表(登録された顧客を一覧で管理することができます)。