競売申立の為の交付申請書作成する競売申請支援システムの特長と機能

主な特長は次の通りです。

ポイント1競売申立に必要な住民票、地積・測量図、公課証明書の交付申請書の作成が可能です。
ポイント2競売申立書の鑑、当事者目録、請求債権目録、物件目録の作成が可能です。
ポイント3各案件毎の書類、取得状況の管理が可能です。
ポイント4申立後の開始決定日、事件番号、競売期日などの情報の管理ができます。
ポイント5単体でのスタンドアロン版、複数台でのLAN版に対応しております。

システム機能

【主な機能】
特長に挙げた機能以外に、申立費用や定額小為替、収入印紙などの金券の管理ができます。 委託通知書及び競売を勧奨する文書などの発送作業の効率化に役立つ機能があります。
債務者の郵便番号より街頭の市役所、法務局、裁判所の住所を判断するなどの入力補助機能を備えています。
各種文書はひな形を登録できるため、競売申立書以外の文書(例、続行決申請書、構成決定申立書)の作成も可能です。



【主な帳票】
主な帳票には、競売申立書(鏡 当事者目録 請求債権目録 物件目録)、住民票交付申請書、地積・測量図交付申請書、公課証明書交付申請書、利息・損害金明細票、お知らせ文書、各種交付申請書(続行決定申請書、構成決定申立書など)が印刷できます。 (各種文書は、ひな形での登録が可能です。)